2014年11月27日

現場打ち合わせ

市内のA様邸で現場打ち合わせを行っているさなか
筒井棟梁が床柱の造作を開始しました

梱包から解かれた床柱をじっと見つめるご主人様
微笑みの表情を浮かべていました
DSC03325-s.jpg

奥様も遠くから棟梁の仕事をじっと見つめます
DSC03326-s.jpg

大事な床柱に墨を入れる瞬間は
見る側も沈黙するほどの雰囲気となります
DSC03334-s.jpg

その後
空間を把握しながら内装の色決めを行いました
一部 床の間廻りなど迷う所も・・・
イメージを重ね一つの形を完成するのも楽しみです
DSC03330-s.jpg

2階寝室の天井も杉板を貼り終え
昔ながらの太鼓梁が組み上がりました
IMG_0066-s.jpg

「古きを訪ね 新しきを知る」
昔と今の良いところを取り入れた心地良い佇まい
竣工が楽しみです


posted by inouekensetsu at 14:42| 建築・住まい

2014年11月18日

MADE IN OOITA

先日 社労士事務所さんの創立記念パーティーに出席させて頂きました
約160名の方々がご参加され
「ライフネット生命」CEO出口治明さんのすばらしい講演会もありました

講演会後の懇親会にて
同じテーブルに座られたのは大分老舗会社の社長様でした
以前から 数度お付き合いがありましたので 
少し緊張はしましたが 色々と楽しいお話を交わすことができました
 
その懇親会の終了後 
帰り際に頂いた記念品の中身は
私の隣に座られていた大分老舗会社さんで造られた品物でした
早速 帰って開けさせて頂くと・・・

何ともすばらしく、とても感銘を受けた品物でした!

次の日
どうしても別の商品を見てみたいという気持ちで
お店の場所を調べ 行ってきました!

入口は少し迷いましたが 
奥に入った路地の先には
なまこ壁の印象的な蔵造りの建物がありました!

staff090303.jpg
                  (撮影:笑心太さん)

昨年リニューアルされたようで
店内も古民家調のシックなイメージとなっていました
色鮮やかな品々が沢山並べられ どれも目移りしてしまうほどです

笑心太~4-s.jpg
                  (撮影:笑心太さん)

私が感銘を受けた商品とは「刺子生地の小物」でした
素朴で温かみがあり さらに生地の色づかいがとても良かったのです
そして数点の小物を購入しました


先日の記念品で頂いた商品は
手提げかばん(左手)と刺子のブックカバー(右)です
染色工程ででたハギレを組み合わせ作ったということです
IMG_8118-s.jpg

今回 私が購入したのは
和柄の名刺入れと4枚のコースターです 
IMG_8107-s.jpg

どの様に飾れば良いのかわかりませんが
漆の茶器の下に敷いてみました
IMG_8084-s.jpg

床の間の違い棚にも・・・
IMG_8121-s.jpg

数ある商品の中からこの名刺入れを選ぶのも迷いました
そして驚きは値段です なんと税込700円なんです! 
本当にこの価格? と思うほどの品質です
IMG_8184-s-s.jpg

中はこの様に色鮮やかです
ハギレを組み合わせているため
同じ柄は1つしかないというオリジナル製も特別感があります
IMG_8178-s-s.jpg


その後も誰かにこのお店を紹介したく
弊社社員を連れ 名刺入れを幾つか購入しました
デザインもそれぞれの個性に合った特別な名刺入れ
皆 満足そうにお互い見せ合っていました


このお店は創業148年
全国の百貨店にも出店をしてらっしゃる大分の老舗企業様です
熟練された職人さんが 一つ一つ丁寧に心を込め
柄選びからデザイン、縫製まで 手づくりで製作
まさに MADE IN OOITA の商品です

111-s.jpg


「ものづくりは職人さんから始まる」という言葉を聞き
この気持ちは私達の家造りにおいても受け継いでいかなくてはならない 
と改めて心に刻みました
IMG_8153-s.jpg
            


posted by inouekensetsu at 18:50| 今日の出来事

2014年11月12日

床の間造作

日出町A様邸の和室造作工事の状況です

2間続きの欄間部分には
現在お住いの彫刻欄間がよみがえります
DSC03305-s.jpg

2間を繋ぐ桧の大黒柱には三角形の切り込み(右側)が入りました
長押が納まると左側部の様になります
DSC03310-s.jpg

また ケヤキの床柱にも切り込みが入りました
ここにも長押や落とし掛けなどが組み込まれます
複雑な形状のため繊細さが必要です 
DSC03302-s.jpg

黙々と作業を続ける塩島棟梁
床の間は最も集中する造作となるため
静かに、そして少し離れて写真を撮ります
DSC03313-s.jpg

仏間地袋の敷居を造作
何度も調整を繰り返し「ぴしゃり」と納めていきます
DSC03318-s.jpg



posted by inouekensetsu at 10:30| 大工工事

2014年11月07日

WB工法研修

第7回目のWB工法九州若手研修会は長崎県で開催されました

長野県本社から来られたウッドビルドの社員さんによる
現況やこれからの動向などを説明
DSC03093-s.jpg

その後 長崎県の石橋工務店さんの会議室をお借りして
3班に分かれてディスカッション方式
各県で行われた事例などを参考に今後のWB工法の取り組み方を発表
DSC03095-s.jpg

有意義な時間を過ごすことができ これからの参考にもなりました
次に場所を変え 完成物件の見学をさせて頂きました
DSC03160-s.jpg

床を含め全体的に白を基調に
明るく シンプルかつスマートな建物でした
DSC03121-s.jpg

片流れ屋根の妻側には
小屋裏を換気するサイドヘルスも2箇所確認できます
DSC03158-s.jpg

そして研修を終え 
懇親会では各工務店さんと色々な話を交わすことができました
プレッシャーも感じながら・・・とてもよい刺激となりました


posted by inouekensetsu at 10:20| 通気断熱WB工法

2014年11月05日

地鎮祭

先週末 大分市内K様邸の地鎮祭が執り行われました

前日は雨模様でしたが
文字通り 雨降って地が固まりました
この日は大安吉日のため ご近所でも地鎮祭を行っていました
DSC03276-s.jpg

K様邸は
2年前に津久見市で建築させて頂いたお客様の娘さんのご自宅となります
この様な形でまた携われることに大変感謝を致しております
DSC03268-s.jpg

ご主人のご両親もご出席のなか 長男君とともにお参り
2年前と比べ大きくなりました 当時の面影は次男君に受け継がれています
DSC03280-s.jpg


K様ご夫婦こだわりの和モダンスタイルの建築が始まります
一つ一つの出来上がりが楽しみです
これからもどうぞ宜しくお願い致します


posted by inouekensetsu at 09:03| 地鎮祭