2014年12月26日

年末年始休業のお知らせ

今年一年のご愛顧を誠に感謝致します

誠に勝手ながら年末年始の休暇を下記の通りとさせて頂きます

平成26年12月30日(火) 〜 平成27年1月5日(月)

大変ご迷惑をお掛け致しますがご了承のほど宜しくお願い申し上げます


posted by inouekensetsu at 09:57| お知らせ

2014年12月17日

墨付け

第二作業場ではS様邸の墨付け作業を行っています

いつもと少し雰囲気を変え単焦点レンズで撮影をしました
IMG_8305-s.jpg

若手社員の 甲斐大工と三重野大工です
a.jpg

現在は機械式加工(プレカット)が主流なため
墨壺をさす姿はとても貴重な光景です
c.jpg

木々の木目や癖(反り)を見極めるのは やはり人の目でしか判断できません
そして 力の伝わり方(荷重)を検討し 適所に配置する
昔ながらのこの工法が本来の「木の家造り」だと私達は考えます
f.jpg   h.jpg

手加工の技術と使い慣れた大工道具があるからこそ
内部の造作にも「技」が光るのだと思います
i.jpg

知っている方達からは
まだ「手刻み」を行っているの? とよく問われます
確かに時間や労力も掛かり現在の様式からは逆行しています

でも だからこそ私達は今 この技術にこだわり 継承していきたいと思うのです


posted by inouekensetsu at 10:01| スタッフ紹介・社内行事

2014年12月10日

仕上げ工事

日出町A様邸は壁の下塗り工事を終えました
これから漆喰の上塗りをかけ
落ち着きのある本格和室へ変化していきます
DSC03460-s.jpg

内壁の下塗りを乾燥している間
左官屋さんは外部のタイル工事を行います
DSC03472-s.jpg

微妙な水勾配を取るよう水平器で調整を繰り返し
最後は目地を入れて完成です
DSC03461-s.jpg

2世帯住居のA様邸は2階部分にもキッチンが入り
化粧梁が存在感を示す天井高の高い空間となりました
DSC03466-s.jpg


そして現場から帰る途中
一際目立つ銀杏の木が目に飛び込んで来ました
今が一番見頃でした
DSC03479-s.jpg

紅葉(こうよう)といえば赤色もきれいですが
澄み切った青空と眩しい黄色のコントラストも綺麗でした
DSC03481-s.jpg


posted by inouekensetsu at 08:39| 建築・住まい

2014年12月08日

井上会忘年会

先週末
協力業者会=井上会さんと弊社の合同の忘年会が開催されました
DSC03495-s.jpg

今年も年末のお忙しい中 大勢の方達にお集まりを頂き本当に感謝です
ごあいさつ、乾杯を済ませ、少しの間ご歓談
皆さんの視線の先には・・・
DSC03516-s.jpg

フラメンコを踊る社員のYさんです!
趣味で始めたのがきっかけで この日の為に練習を重ねたそうです
手拍子を合わせ 魅力的な素晴らしい踊りを見ることができました
DSC03512-s.jpg

続いて
毎年 舞って頂く小池原 子供神楽の皆さんです
今年は4体の「蛇の舞」を披露して頂き かなりの大迫力でした!
DSC03540-s.jpg

そして こちらも恒例
小さい頃から小池原神楽で舞っていた社員のS君(左手)と共に
私もご参加頂いた方々に祓い清めをさせて頂きました(右手) 
DSC03558-s.jpg

その後も再びスーツに着替え まだまだ余興は続きます
社員Aさんが時間を掛けて掘った1m超えの自然薯などを争奪した
「じゃんけん大会」  電気屋さんが獲得しました!
DSC03590-s.jpg  DSC03593-s.jpg    

そして あっという間に時間が過ぎ終盤へ
最後は畳屋Hさんの3本締めでお開きとなりました
DSC03597-s.jpg  DSC03595-s.jpg

横の繋がりを大切にし 結束力の固い協力業者会の皆様
帰りは笑顔で溢れていました
今年も更なる絆を深めることができました
皆様 本当にありがとうございました


posted by inouekensetsu at 10:49| 井上会(協力業者会)

2014年12月04日

漆喰鏝絵

先日 盛和塾大分の忘年会で別府の旅館を訪れました
複数の木組みで構成されたホールは見応えがありました
DSC03354-s.jpg

そのホールに飾られた大きな鏝絵(こてえ)
パッと目に飛び込んで来ました
(上の写真の左側中央部に飾られていました)
DSC03346-s.jpg

落款を見てみると「仁五」という文字
なんと豊後鏝絵氏「仁五」さんの作品でした!
DSC03348-s.jpg

2階ホール他にも多数の鏝絵が飾られ
その中でも最も心に響いたのはこの「鳳凰」という作品です
DSC03372-s.jpg

大きさもさることながら
立体的な描写と繊細で鋭い鳳凰の眼差しは
今にも羽ばたきそうに 迫力と威圧感がありました
DSC03374-s.jpg


仁五さんには
3か月前 お引渡しをしたT様邸の「漆喰家紋」を製作して頂きました
IMG_7284-s.jpg  CIMG0529-s.jpg
                            

あらめて素晴らしい方とお会いできたんだなぁと嬉しく思い
じぃ〜っと鏝絵を眺め 「凄い!」 と言う言葉しか出て来ませんでした
今度 いつかは代表作の「雲龍」を間近に見てみたいです

jinngo.png



posted by inouekensetsu at 09:07| 視察・研修