2016年01月27日

床柱は再び息を吹き返す

K様邸の解体途中の現場から
欅(けやき)のこぶ付き床柱(とこばしら)を持ち帰りました
DSC07485-s.jpg

床柱には長押や廻縁などを納めた彫り込みが残っています
今の状態では再利用・再加工が困難のため
用途を悩んだ結果 新たに床柱を造り直すこと決めました

実を言うと このK様邸は私の父=会長が
手刻みをした家 そして選定した床柱なのです・・・
DSC07498-s.jpg

だからこそ お施主様の想いそして私の想いも込めて
「何とか再生したい!」とい気持ちで検討した結果でした

少しサイズは小さくなりますが
これから新たに息を吹き返します!
棟梁3人掛かりの力を借り 作業場で割き落とし作業の開始です
DSC07507-s.jpg

彫り込み跡が残らない深さまで割き落とし
次に表面を整えるため 粗削りを何度か繰り返します
それにしてもこの材は
大木(たいぼく)から取った 芯去り材の重量ある欅でした
DSC07515-s.jpg

最後は電動鉋(かんな)で仕上げです
欅特有の美しい木目と落ち着きのある色身が浮かび上がってきました
K様邸を担当する甲斐棟梁も満足です
DSC07533-s.jpg

そして切分けられた部材は更に再利用を考えています
飾り棚のカウンター材や壁埋め込みのアクセント材などに・・・
DSC07521-s.jpg


その後
作業場で製材された床柱は
いつもお世話になっている銘木屋さんに持ち込みました
あとはプロの職人さんに託し 銘木として仕上げて頂きます
DSC07537-s.jpg

出来上がりまで少し時間は掛かりますが
角の取れた前丸の形となり
木目を生かした立派な柱に生まれ変わることでしょう
DSC07540-s.jpg

たくさんの想いが詰まった新しい床柱
K様邸の床の間には
これから更に何十年と受け継がれていきます



posted by inouekensetsu at 10:58| 墨付け・手刻み

2016年01月25日

手刻み見学

第二作業場ではU様邸の
墨付け工事をおこなっています

そして先日 ご家族皆様で手刻み見学にお越し下さいました
DSC07464-s.jpg

三重野棟梁と顔合わせのあと
LDK上部の重要な梁に
長男君が代表で家族全員の名前を書き入れしました
DSC07437-s.jpg

ご主人も想いを込め皆様に見守られながら
「家内安全」という言葉を墨入れしました
(どの位置に納まるか 上棟が楽しみです)
DSC07417-s.jpg

この杉の木はいったい何歳だろう?
長男君は一生懸命年輪を数えてくれました。
答えは おじいちゃんと同じ位の歳でした(^.^)
DSC07441-s.jpg

次に木と木を繋ぐ仕口の加工体験
初めて使う「のこぎり」にテンションが上がり
真剣な眼差しでも笑顔がこぼれます
DSC07450-s.jpg

ご主人は相手側の木材にほぞ穴加工の「のみ」入れです
隣りでは長男君が大きな声で「フレ〜、フレ〜」と声援
DSC07454-s.jpg

そして親子の共同作業
組み合わせはお母さんも「金づち」で加勢してくれました
少しきつかったですが綺麗に納まりました!
DSC07459-s.jpg

続いて棟梁の手仕事を見学
ちょうど この日は「追っ掛け継ぎ」という
手刻みならではの複雑な加工を行っていたので・・・
DSC07467-s.jpg   DSC07475-s.jpg

継手を合わせて乗ってみました!
釘を全く使わない古来からの継ぎ手!
上に乗っても揺れても大丈夫です!!(そして思わずピース)
DSC07472-s.jpg

最後は三重野棟梁とU様ご家族で記念撮影
もう間もなく3人目のお子様が誕生します(^.^)
次男君は物心がついた時にこの写真を見て
お父さんお母さんと一緒に振り返ってもらえれば幸いです
DSC07479-s.jpg

帰る際には
桧と杉の香りの違いを理解できた長男君
お土産に両手一杯の端材を持って帰りました(^.^)
U様 これからもどうぞ宜しくお願い致します


posted by inouekensetsu at 18:05| 墨付け・手刻み

2016年01月22日

家づくり講座

厚生労働省 実践型地域雇用創造事業
「第5回 地場工務店の家づくり講座」の講師として
豊後高田市の商工会議所に行って参りました
DSC07389-s.jpg

このような形でお声掛けして頂いたのは大変喜ばしいかぎりです
講話内容はブログのタイトルと同じ
「日々感謝」という表題にしました
11-s.jpg

今があるのは「周りの皆様の支えがあるからこそ。」
そして「これからの時代をどう乗り越えていくか。」など   
参加された工務店の皆様と想いを共有させて頂きました
12-s.jpg

しかし 講話枠は2時間という長丁場・・・
現場管理の坂本にも「3年目を迎え」というタイトルで
約30分間の講話を頑張ってもらいました
DSC07395-s-s.jpg

「志望動機」・「今の仕事」更にこれからの理想(夢)などの内容
坂本の実直な想いに 参加された皆様そして私までも感動しました
最後には周りからも大きな拍手を頂くことができました
13-s.jpg

講座終了後は参加者の皆様と大懇親会
地域は違っていてもお客様を大事にする気持ち
そして 不安や悩みなども共有し多くの意見交換ができました

昭和の町豊後高田観光再生協議会のF様
本当にありがとうございました


posted by inouekensetsu at 08:53| 視察・研修

2016年01月18日

上棟しました

大分市内のH歯科医院様が上棟致しました

この日の現場からは
眩しい朝日を拝むことができました
写真右手には平川棟梁のシルエットが写っています
DSC07343-s.jpg

早い時間帯でしたが 
朝礼には院長先生ご家族のほか
医療機器メーカーさんらもご主席頂きました
皆で清めの乾杯を行ない工事開始です
DSC07346-s.jpg

建設場所は総合施設内に位置するため
車や人の往来が多いため安全に配慮しての作業となります
DSC07350-s.jpg

冷えこんだ朝でしたが
動きが活発になるに連れ 直ぐに体も温もりました
DSC07358-s.jpg

余談ですが・・・
今回からスリムな上着を新調し 全員お揃いにしました
暖かく動きやすいと評判でした(^o^)
DSC07362-s.jpg

全景
右隣は美容室さんで 間もなくオープン予定
ですので これからの工事もまた少し気を遣います
DSC07372-s.jpg

外観は店舗らしく片屋根のデザインにしました
DSC07375-s.jpg

小屋束も入り
平屋建てですが存在感をアピールした造りとなっています
(もちろんすべて手刻みです!)
DSC07384-s.jpg

レントゲン室や特殊配管など
これから難工事が始まるので気を引き締めて参ります
DSC07376-s.jpg

春開業に向けての完成が楽しみです
これからもどうぞ宜しくお願い致します


posted by inouekensetsu at 14:15| 棟上げ

2016年01月16日

花器

先日 お引渡しを終えた大分市内のA様邸
スッキリとした和モダンスタイルの内装が仕上がりました
IMG_0895-s.jpg

和室には押入れ機能と飾り床(どこ)を兼ねた
吊押入が施工されました
IMG_0900-s.jpg

その中に
アトリエシュメールさんで作って頂いた花器をセッティング
包装の中には1枚の写真が・・・
皆さん 写真を拡大してよく見て下さい!
IMG_0901-s.jpg

驚いたことに 中には2つの物が入っており
間には一定の距離が置かれています

この飾り床の限られた空間の中に
横の繋がりを持たせた 離れ業のレイアウトでした
流石 シュメールさんです・・・


posted by inouekensetsu at 06:41| 施工例:建てた家のご紹介

2016年01月15日

カタログ掲載

2016年度の外装メーカーの全国版カタログに
大分市内のN様邸(左上)とY様邸(右全)が掲載されました

IMG_0911-s.jpg

落ち着きのある色合いと
和風ならではの美しさが特徴のN様邸とY様邸

昨年末にはメーカーさんからパネル写真も頂きました
今年1年 多くの方に見て頂ければ幸いです


posted by inouekensetsu at 13:25| 施工例:建てた家のご紹介

2016年01月13日

応急仮設住宅講習

H26.2月6日に大分県と全国木造建設事業協会の間で
「災害時における応急仮設木造住宅の建設に関する協定」
が締結されました

IMG_5594-s.jpg
(撮影:井上隆次)

あれから2年
ようやく応急仮設住宅の実施研修と共に
モデル家屋が建築されることになりました

午前中は座学が中心
豊優協に所属する私達工務店や建労災所属の大工さん
県職員さん、その他団体職員さんらが集まり講習に望みました
DSC07308-s.jpg

講師には東日本大震災で自ら被災しながらも
木造仮設住宅の指導・施工をした
福島県の工務店さんの生きた講演もありました
DSC07306-s.jpg


午後からは施工研修を開始
皆さん色々な想いを持ちながら
木造9坪の2DKの仮設住居を建てていきます
DSC07317-s.jpg

実際の現場もスピード勝負のため
基礎工事のコンクリ打ちはもちろんありません
DSC07319-s.jpg

木杭が基礎の替わりとなります
墨出しを終えると 人力で1本1本杭を打ち込んでいきます
DSC07322-s.jpg

次に杭頭のレベルを合わせるため
チェンソーで先端をカットします
DSC07327-s.jpg

そして杭の上に土台を乗せ カスガイ金物で固定します
ここまでくれば 後はいつもと同じ作業です
DSC07328-s.jpg

お互い初めて会う職人さん達ばかりですが
声を掛け合いながら役割を分担し順調に進んでいきました
DSC07331-s.jpg

開始から約2時間後
息のあった早業で
地域材の木造躯体が完成しました
DSC07333-s.jpg

NHKさんなど メディアの取材の方も含め
大勢の方達が見学されていました
OB施主様で県の土木建築課のH様ともお会いする事もできました
DSC07334-s.jpg

最後は建てた大工さん達で記念撮影
DSC07340-s.jpg

この仮設住宅は 万が一の際の措置となります
大災害が起こらないことを
こらからも私達は祈るだけです・・・


posted by inouekensetsu at 20:12| 視察・研修

2016年01月09日

木材初市

今年初めての木材市場に行ってきました

年末の納め市で材木を大量に放出した様で
市場長は通常よりは少ないですよ。と言っていましたが
私にとっては充分な量だと感じました・・・
DSC07290-.jpg

開始前までに ある程度入札材の品定めをしておきます
地域材の良品を安価で提供できるよう
弊社では「山」単位で材木を購入し保管しています
DSC07296-s.jpg

今回は初市ということで
桧材の土台、柱、垂木
杉材の母屋や羽柄材など それぞれ2山分を購入しました

でも 一緒に廻っていた藤丸建設のベテラン社長は
更に上を行っていました 流石です・・・

posted by inouekensetsu at 08:53| 木のこと・木材市場

2016年01月06日

新年互礼会

昨日 協力業者会の新年互礼会が開催されました

毎年恒例となりましたが 協力業者さんお一人づづ
新年の抱負と決意を発表致しました
IMG_0895-s.jpg

私も今年の決意を皆様にお伝えし
新たな気持ちで邁進して行きたいと思います
IMG_2845-s.jpg

今年 この会の業者様からご自宅の建て替えを
弊社で新築させて頂くことが決まりました
支えて下さる協力業者様に本当に感謝です

今後もこの住宅業界は厳しい状況が続くと思われますが
私達 井上会一同は力を合わせ最高の家造りを行っていきます

本年もどうぞ宜しくお願い致します 
                   
                  活苡繻嚼ン・井上会一同より


posted by inouekensetsu at 13:53| 井上会(協力業者会)