2020年02月27日

桜餅

本日ご契約を頂いたお施主様へのおもてなし。

塩漬けの香りが
春の訪れを感じさせます(^.^)
BB994B9C-4E54-43E7-B6BF-6656E8DA14BA.jpeg

深緑の織部茶碗に淡い緑色も合い
薄茶もキメ細かく点てることが出来ました(^^;)
62A65660-07F5-45F0-8E1E-3C0F1ED0E90D.jpeg

そして 玄関脇には「桃の花♪〜」
この時期にぴったりの切り花です!
B9CD44C5-DA76-45EA-85C7-379029CA1A00.jpeg

四季の移り変わりを
目と香りと食で楽しめるのは
日本ならではの素晴らしい慣習ですね(^.^)


posted by inouekensetsu at 15:39| モデルハウス

2020年02月24日

これこそ「匠の技」

これは手作業で作った鋸(のこぎり)ですが
この細やかさは まさに伝統工芸品です!!
IMG_3097-s.jpg

鋸鍛冶職人で伝統工芸士の
播州三木打刃物 三代目「光川順太郎」作の
導突鋸(どうつきのこぎり) です
IMG_3086-s.jpg

私は初めてこの様な鋸を見たので
記念に写真だけ撮らさせて貰いました(^^;)
IMG_3105-s.jpg

若き棟梁が購入したものなので
扱うのも緊張です(>_<)
本物を作るには本物が必要なのですね


posted by inouekensetsu at 17:35| 大工工事

2020年02月20日

網代天井

綺麗な一松模様のあじろ天井
杉の柾目杢を交互に編んでいます
IMG_2479-s.jpg

N様邸の玄関ホールの天井に
竿縁と共に仕上げられました
IMG_2481-s.jpg

そして
和室の化粧柱に長押が綺麗に納まりました!
IMG_2482-s.jpg

仕上工事は間もなくです!
完成を楽しみにしています(^.^)


posted by inouekensetsu at 18:08| 建築・住まい

2020年02月19日

地鎮祭

暖かな日差しが降り注ぐなか
中津市M病院様の敷地内で
本日地鎮祭が執り行われました
IMG_2485-s.jpg

これから井上建設らしさを生かした
和風社宅の平屋建て工事が始まります(^.^)
IMG_2490-s.jpg

今時期は特に患者さんが多いので
理事長、医院長、先生方々は式を終えると
駆け足で午前の診察に向われていました

貴重なお時間を頂き またこの様なご縁を頂き
N先生様始め本当にありがとうございました
これからもどうぞ宜しくお願い致します


☆井上建設の公式ホームページをこちらからです。
http://www.inouekensetsu.jp/


posted by inouekensetsu at 14:45| 地鎮祭

2020年02月12日

上棟しました

玖珠町Y様邸が上棟致しました!
初日は自社大工組のみで
柱・1階桁廻りを納めて行きました
IMG_2388-s.jpg

天気が安定している この2日間が勝負です
大工達も気合充分でした!
IMG_2396-s.jpg

リビングの傾斜天井は高いため
落下防止と安全対策を含め
事前に内部足場を2ヶ所を先行で組みました
IMG_2405-s.jpg


そして1日目を無事に終え 2日目の本上棟へ!
今回は元社員であり 地元玖珠の実家の工務店を継いだ
O大工組にも応援に入って貰いました(^.^)

朝8;00
ご挨拶にはご親族皆様もお越し下さり
私達は赤タオルを巻き気合を入れました!
IMG_2408-s-s.jpg

屋根剛床を支える構造躯体も
しっかりと綺麗に納まりました
IMG_2417-s.jpg

そして難関の8寸勾配屋根!
まさに壁でした・・
IMG_2422-s.jpg

それでも大工達は足場を作りながら
うまく納めていきました 流石です!
IMG_2420-s.jpg

躯体も完成し全景が見えました!
「餅撒き」の合図でもある吹き流しが
悠々と風になびいていました(^.^)
IMG_2429-s.jpg

そして無事に棟上げ完了!
Y様ご夫婦そしてお父様も
上手に四隅餅を拾うことが出来ました(^.^)
IMG_2434-s.jpg

お餅撒きでは
小さな子供達もたくさん来ました(^.^)
IMG_2447-s.jpg

Y様のお子様が通う保育園のお友達が
先生と一緒に駆けつけてくれたのです!
お菓子とお餅が空から降ってきた記憶を
大きくなっても覚えていてくれれば嬉しいですね(^.^)
IMG_2450-s.jpg

さらにもう一つ驚きが・・!
Y様のお姉様も駆けつけて下さり
その場で棟札(むなふだ)を書いて下さいました!
あまりの上手さに 只々感心するばかりでした・・!!
IMG_2463 - コピー-s.jpg

そして最後の締めは
小原棟梁が建物の四方を清め
これからの工事の安全と
皆様のご繁栄を祈願し終了となりました
IMG_2469-s.jpg

Y様そしてご親族の皆様には
朝から細かなお気遣いをして頂き
本当にありがとうございました(^.^)

完成まで少しお時間は掛かりますが
これからも何とぞ宜しくお願い致します。



☆井上建設の公式ホームページをこちらからです。
http://www.inouekensetsu.jp/
posted by inouekensetsu at 11:58| 棟上げ

2020年02月08日

相手を知ること

家の木材を加工する方法は
・プレカット(大規模工場で機械式加工)と
・手刻み(大工さんによる墨付け、手加工)の  
2通りです。

高度経済成長と共に効率化が求められ
家の造りも機械化が進みました
DSC00369-s.jpg

そして昔ながらの手刻みは時代に沿わず
全国でもわずか数%の現存率となりました・・・


その中でも弊社は今もなお
この手刻みを守り続けています
DSC03074-s.jpg


なぜ? とよく聞かれますが・・・

木の性格を見極め
墨付けのできる大工こそが
家づくりの原点だと私は思うからです
DSC03639-s.jpg

と言っても 今のプレカット技術を学ばなくては
これから先も成長はできません・・・


そして先日 自社大工含む8名で
プレカット工場の見学へ行って来ました!
IMG_2237-s.jpg

当たり前ですが
全てがオートメーション化
材の細かな所まで制御されていました
IMG_2244-s.jpg

そのラインに
皆、釘付け・・・
IMG_2246-s.jpg

加工された工芸品の様な鎌継ぎ手が
一瞬で出てきました・・!
IMG_2249-s.jpg

手刻みで代表的な継ぎ手は
追掛け大栓継ぎと言いますが
IMG_1054-s.jpg

1ヶ所当たりこの加工時間は
プレカットの約15倍くらい掛かると思います・・
IMG_8960-s.jpg

確かにスピードには敵いませんが
木材の強さを引き出す「技」や
1本1本の個性を見極められるのは
やはり大工の目と経験から来ることだと思います
DSC02656-s.jpg

プレカットのシステムを真似することはできませんが
手刻みの良さを伝えること
手刻みだからこそできることを
改めて気づかさせて頂く事ができました

工場の隅々まですべてを見せて頂いたT木材様
本当にありがとうございました(^.^)



posted by inouekensetsu at 12:39| なぜ墨付けにこだわるの?

2020年02月02日

地鎮祭

少し寒さが和らぐなか
大分市S様邸の地鎮祭が執り行われました
IMG_2345-s.jpg

高台に位置する閑静な住宅街は
本当に眺めが素晴らしかったです(^.^)
IMG_2378-s.jpg

また
建築関係の現場監督をなさっていたお父様とも
ご挨拶をさせて頂き 着工前の打合せも終了しました

そして いよいよ着工です!
S様これからもどうぞ宜しくお願い致します。


posted by inouekensetsu at 18:02| 地鎮祭