2018年08月30日

床材の地産地消。

市産材活用の事例発表として
先日 たきお小学校で
床材施工の見学会が行われました
DSC05242-s.jpg

冒頭には 大分市長から
経緯と今後の活用法の説明もありました
DSC05240-s.jpg

今回 市内では初となる市産材の床改修
たきお小学校で2教室が選ばれました
ここで学ぶ子供たちはとても幸せなことでしょう(^.^)
DSC05250-s.jpg

教室は明るく香りも立ち
とても羨ましい空間でした!
DSC05249-s.jpg


実を言うと この製材所さんの床材は
現在建築中のモデルハウスにも使用しています
DSC04992-s.jpg

写真の撮り方上
色身は異なって見えますが同じ桧材で
節の少ない上小節を採用しています

地域の経済循環 そして安心のために・・・
地元工務店だからこそ
私は可能な限り地の材を使用して行きます

posted by inouekensetsu at 17:29| 建築・住まい