2018年10月29日

国宝茶室 「待庵(たいあん)」

国民文化祭「おおいた大茶会」の一環で
アートプラザで開催されている「アートの庭」
その会場デザイン担当は松田周作建築士さんです
アートの庭-s.jpg

この度 ご縁を頂きまして
京都大山崎に実現する日本最古の茶室を
松田さんと共に造ることになりました
IMG_0804-s.jpg

千利休が造ったともいわれる唯一の現存茶室
寸法はオリジナルに合わせ 弊社若手社員の
坂本と甲斐棟梁が携わらさせて頂きました
IMG_0799-s.jpg

実際の「待庵」には入ることはできませんが
ここでは座から見る景色や
包み込まれるも天井高も体感できますよ(^.^)
IMG_0838-s.jpg


私はこの時初めて完成形を見たのですが
素晴らしい仕上りにとても驚き、感動しました!!

11/11まで展示をしていますので
皆様もぜひ磯崎新氏設計のアートホールへお越し下さい(^.^)



posted by inouekensetsu at 09:13| スタッフ紹介・社内行事