2014年02月26日

県知事表敬訪問

「災害時における応急仮設木造住宅の建設に関する協定」

大分県と全国木造建設事業協会の間で2月6日に協定の締結が行われました
全国で15番目、九州では宮崎県に次いでの調印となりました

そして本日 大分県土木建築部さんへのご挨拶を終え
県知事への表敬訪問にお伺い致しました
IMG_5594-s.jpg

〈協定のスキーム〉
大分県で大震災が起きた場合 迅速に仮設住宅を供給
木造仮設においては私達が所属する「豊の国優良住宅推進協議会」が
最終的に建築・協力する形となります
IMG_20140226_0003-s.jpg

協定書を確認する広瀬知事
「災害時には住宅が定まらないことが一番厳しい
この協定は頼もしい」と謝辞
IMG_5602-s.jpg

各団体の代表者様と記念撮影
右:全国木造建設事業協会 専務理事 小川様
中:大分県建設合同労働組合 委員長 船元様
左:豊の国優良住宅推進協議会 代表 馬場様
 (「木繋会」が所属している団体です)
IMG_5614-s.jpg

最後は出席者皆様と記念撮影
恐縮ですが 私もご一緒させて頂きました
IMG_5616-s.jpg


県が想定する最大クラスの内海トラフ地震では
仮設住宅は5千戸を見込んでいるということです

これは万が一の措置としての協定です
私達はこらからも大災害が起こらないことを祈るだけです



posted by inouekensetsu at 17:11| 「木繋会」工務店有志の会